自転車道路交通法


image

自転車は動く凶器

運転者に課せられる最新道路交通法とは


2015年6月から、危険運転行為 を繰り返す自転車運転手に対しての「安全運転講習」が義務化されます。
受講しなかった場合は5万円以下の罰金。皆さんご存知でしたでしょうか?


信号無視や一時停止違反、ブレーキ不備、スマホ等を見ながらの「ながら運転」を含む全14項目が取り締りの対象となり、3年間で2回取り締まられると、講習の通知が届くとか。
中には、そんなルールあったの!?と、思わず言ってしまう項目もありました(;^ω^)


自転車運転にも、自動車運転同様細かな法律が定められています。
しかし、知られる機会は少なく、知らないうちにルールを破っている恐れすらあるんですね。
筆者がこの道交法改正を知ったのは、自動車運転免許の更新時。大人ですら数少ない機会で得る最新情報を、自転車をメインで使う学生さんたちはどのようにして知るのでしょう?


実は日本は、先進国の中でも、自転車による死亡事故人数が最も多い国。
自転車の運転には免許がいりません。だからこそ、運転者の心構えが安全を大きく左右します


東京都荒川区をはじめ、いくつかの自治体では、「自転車免許」制度をスタートさせているそうです。
小中高校生を中心に、新ルールや最新の事故事例を踏まえて講習が行われます。
法的効力はありませんが、自転車の危険性と安全対策を訴えることで、事故率の低下につながっているそうです。


手軽で身近だからこそ、使い方によっては人を傷つけてしまう凶器にもなる、ということを認識した上で、安全に乗っていただきたいです。それがご自身の身を守ることにもつながります


道路交通法改正は自転車との付き合い方を考え直す機会だと言えるでしょう。
この機会に是非、ご家族で、自転車運転ルールの確認などをしてみてはいかがでしょうか(●´▽`●)


◆取り締まり対象14項目

①信号無視    
②通行禁止違反    
③歩行者専用道での徐行違反など    
④通行区分違反    
⑤路側帯の歩行者妨害    
⑥遮断機が下りた踏切への立ち入り    
⑦交差点での優先道路通行車の妨害など    
⑧交差点での右折車優先妨害など    
⑨環状交差点での安全進行義務違反など    
⑩一時停止違反    
⑪歩道での歩行者妨害    
⑫ブレーキのない自転車運転    
⑬酒酔い運転    
⑭携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

image