デザインナンバーが導入開始!


image

ナンバーの希望は、数字からイラストへ!

2017年4月、デザインナンバーが導入開始!

車の購入の際、ナンバープレートの数字にこだわったことはありませんか?ゾロ目だったり、誰かの誕生日だったり、名前のゴロ合わせだったり・・・。でも、今どきナンバープレートは、数字の組み合わせだけではなく、イラストで個性を出せる時代です!

希望ナンバーの普及に伴い、ナンバープレートの番号が枯渇しつつあることから、国土交通省は、ナンバープレートの分類に ローマ字を導入することを発表。
2017年の1月1日より、ナンバーの改訂は始まっていました。
そして4月1日より、いよいよ「図柄入りナンバープレート」の導入が実施されました。

すでに、原動機自転車の図柄入りナンバーは認められており、441市区町村でご当地ナンバーが発行されていますが、今回、新たに自動車のデザインナンバーが解禁されたことにより、地域の活性化や、走る広告塔として熱い期待を寄せる地域が多いのだそうです!

早速4月から交付が始まったのは、「ラグビーワールドカップ2019」のデザインナンバー。軽自動車でも右のような白いナンバーとなりますが、ETCなどでの車体識別は問題なくできるそう。ETCが備 わっていない有料道路の料金所などでは、しばらく誤解されるかもしれません。。。

営業車は、ナンバーの縁を黒や緑にして識別するのだとか。
東京オリンピック・パラリンピック特別仕様のナンバープレートは、現在デザイン公募中。2017年10月頃から交付される予定だそうです。

今後も、原付同様、色々な市区町村から個性的なナンバーが交付されるのではないでしょうか。
皆さんもこだわりのナンバーで、愛車をよりお気に入りにカスタムしてみては?

【ラグビーワールドカップ2019ナンバー】

image

【原動機付自転車 ご当地ナンバー】