利用者急増中。ドライブレコーダー選びのポイント
ほっとコラムタイトル

利用者急増中。ドライブレコーダー選びのポイント

近日、ニュースにも大きく取り上げられている危険運転。車という密室空間の匿名性や、スピードが出る車体を巧みに操縦できる万能感が、こうした危険運転を助長させているという専門家もいます。
「そんなことは絶対やらない」という方が大半ですが、一方で、ノロノロ運転や割り込みなど、マナーの悪いドライバーに腹を立ててしまうシーンは、誰にでもあるでしょう。
車の利用が日常的な現代は、誰もが、加害者にも被害者にもなり得る可能性があるのです。

ほっとコラム右イメージ

そんな運転中のトラブルを抑制し、そして起きてしまったときの証言役として役立つのがドライブレコーダーです。これまでは、前方を記録するタイプの製品が売れ筋でしたが、危険運転に関する事件がニュースで取り上げられてからは、後方を撮影するタイプの需要が高まり、増産するメーカーも増えているそうです。今回は、このドライブレコーダーを選ぶポイントについてご説明します。

■画質

事故の証拠能力を残すため、被写体がぼやけずシャープに映されることが求められます。日中はきれいに映っていても夜間のライトの反射には弱い、といったこともありますので確認してみましょう。また、左右の車を映せるよう、できるだけ広角で撮影できるとベストです。この点も比較してみましょう。

■衝撃センサー搭載&GPS機能

衝突などを感知すると前後の映像が消去されないよう保存する機能です。また、正確な事故現場の記録のため、GPSの感度も確認しておきましょう。

レコーダー取付後は、トラブルの有無に関わらず、定期的映像チェックをするのがおススメです。記録媒体が老朽化して、いざというとききちんと記録されていない場合があるほか、自分の運転をチェックすることで事故防止に役立ったりもします。また、明るい利用方法としては、ドライブの思い出映像としてもとっておくことができますね。

こうした備えと、ひとりひとりの運転マナーの向上、そして運転中も歩行中も常に注意をはらうことで、皆さんが楽しく安全な毎日が過ごせますように。

フッターイメージ