車の表示標識、正しい知識で誰もが暮らしやすい世の中へ
ほっとコラムタイトル

車の表示標識、正しい知識で誰もが暮らしやすい世の中へ

道路を運転していると、様々な車のステッカーを見かけます。「赤ちゃんが乗っています」などの市販のデザインステッカーも増えましたが、公式に発行されているステッカー標識にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?誰もが知るマークも少し認知度が低いマークも、運転者に対して注意やマナーお知らせするもの。この機会におさらいしてみたいと思います。

【初心運転者標識】若葉マークや初心者マークとも呼ばれる、最もメジャーな標識です。運転免許取得後1年未満のドライバーに表示の義務があり、つけていない場合、減点と反則金が課せられますのでご注意ください。

【高齢者運転標識】通称もみじマーク。2011年2月にドロップ型のマ意味は同じです。70歳以上のドライバーで、加齢による身体機能低下が運転に影響を及ぽす可能性がある方にークからデザインが刷新されていますが、表示努力が求められます。表示の義務や罰則はありません。

【身体障がい者標識】通称もみじマーク。2011年2月にドロップ型マークからデザインが刷新されていますが、意味は同じです。70歳以上のドライバーで、加齢による身体機能低下が運転に影響を及ぼす可能性がある方に表示努力が求められます。表示の義務や罰則はありません。

【聴覚障害者標識】知らない方も多いこの蝶型マークは、耳の不自由なドライバーがつけているマークです。法令で定められている一定の基準を満たしたドライバーがつけています。一定の基準とは、例えば補聴器を使用しての聴力確保もありますが、今は条件も緩和され、「特定後写鏡」とおバレルルームミラーに取り付けるワイドミラーや、貨物車の場合はドアミラーなどに取り付ける凸型の補助未来ーの使用と標識ステッカーの表示で、まったく耳の聞こえない方でも車の運転が可能となっています。この標識を付けた運転者とのコンタクトは、クラクションではなくライトの点滅で行うなどしましょう。

【国際シンボルマーク】身体障がい者標識と混同されがちですが、その意味合いは違います。前出の標識はドライバーが該当する際に貼るものですが、このマークは「障害がある人々が利用できる建築物や公共輸送機関であることを示す」世界共通のマーク。つまり、障がい者本院を示すものではなく、「障がい者が使える施設である」ことを示すためのものです。対象となるのは車椅子ユーザーや肢体不自由者と思われがちですが、それは誤解で、すべての障がい者を対象としています。
このマークを日常的に目にするのは、施設の駐車場ではないでしょうか。障がい者、けが人、要介護者や妊産婦などの方々のための駐車スペースです。入り口に近い場所のイメージがありますが、実は重要なのは、距離よりも乗降スペースの広さ。幅広の駐車スペースが求められるため、店舗でこのマークを使用する場合は、基準を調べましょう。

車の表示標識、皆さんはいくつ知っていたでしょうか?正しい知識を持ち、誰もが安全に運転できる道路を、ドライバーみんなでつくっていきたいですね。車の表示標識、皆さんはい