普段使いできる、高齢者向けクルマの乗降お助けアイテム
ほっとコラムタイトル

普段使いできる、高齢者向けクルマの乗降お助けアイテム

公共交通機関を避け、車での移動機会が増えているこの頃。高齢者の方や、体の不自由な方のお出かけ時、クルマの乗り降りに負担がある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。それでも、福祉車両に車を変更するというも大きな決断ですし、そこまで本格的な設備は必要ないという場合もあるかと思います。そこで今回は、普段使いのできる、クルマの乗降お助けアイテムをご紹介させていただきます。

【ステップ】
ますは、乗り降りの際に用いる踏み台のような「ステップ」。ミニバンなどフロアが高いクルマの場合、高齢者やお子様には乗り降りが大変な場合がありますので、高低差を埋め、足を上げる動作を最小にする補助ステップを用いると便利です。観光バスや介護の送迎車などでも使われている、折り畳み式の脚立のような構造で、安定性も高いアイテムを選んでおけば安心。
電動補助ステップをオブション設定できる車種もあります。ドアを開けると自動的にステップが出る仕掛けになっていますので、 これからクルマを購入するという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

【回転クッション】
クルマから降りる時、身体の向きを正面からドアの方向に変えるためノ補助アイテム。座布団状の回転シート(イージーターンなどとも呼ばれる)を敷いておけば、軽い力でクルりと身体の方向を変えられるようになります。妊婦さんへの補助アイテムとしてもお勧めです。また立ち 上がりの補助のためのアップリフトなどもありますので、ご家庭によって必要なアイテムを選んでみるといいかもしれませんね。

【アシストグリップ】
クルマに乗り込む際の手がかりになり、降りる際に体を支えられるグリップは、ミニバンなどでは標準装備されている場合もありますが、後付けも可能です。座席のヘッドレストに装着するタイプは、走行中の体の支えにもなります。ドアストライカーに差し込むだけの蘭易的なものもありますので、気軽に取り入れることができます。

【そのほか追加設置設備】
スライドドアを開けるのに、握力が必要なくワンタッチでドア開閉ができる「ワンタッチ開閉ボタン」や、夜間の乗降に安心な、足元を照らす「ウェルカムランプ」など、クルマ屋さんで追加できる便利なものもあります。

今回は、福祉車両を扱うクルマ屋さんや、カー用品店、通販でも手に入る身近なお助けアイテムを ご紹介させていただきました。少しの工夫で皆が楽しめるようになりますので、是非、取り入れてみてはいかがでしょうか。