1人の意識で地球が変わる!私達にできるSDGsの取り組み
ほっとコラムタイトル

1人の意識で地球が変わる!私達にできるSDGsの取り組み

最近「SDGs」という言葉を耳にすることが多くなってきました。これは、「Sustainable Development Goals ーサスティナブルディベロップメントゴールズ(持続可能な開発目標)」の略称で、世界193ヶ国のみんなの声から生まれた、2030年までに達成したい目標のことを言っています。世界の貧困や差別をなくしたり、地球のエネルギーを大切にすることで、誰もが暮らしやすい世の中をつくろうという目標なのです。
こう言うと、とても大きなことに聞こえますよね。でも、私たちの生活の中での行動で、取り組みの一端を担うことができるのです。今回は、私たちにも蘭単にできる、車に関するSDGsの取り組みを一緒に考えてみたいと思います。

SDGsのひとつに「エネルギーをきれいに、そしてクリーンに」という目標と「二酸化炭素を減らして地球温暖化を防ごう」という目標があります。車の燃料を節約するエコ運転を心がけることで実現できそうですね。右の図では、エネルギーを無駄にしてしまう運転のポイントを表しています。

ほっとコラムタイトル

①発進時に過度な加速をしてしまうオーバーシュート

②前車との車間距離が短く、流れの速度が少しでも変わると減速・加速をしなくてはならない波状運転

③すぐ先で停止しなくてはならないのに、いつまでも加速を続けている

こういったことがエネルギーの無駄につながってしまいます。ゆっくり出発し、適正な車間距離でブレーキの回数を少なくし、そして停車位置を予測してゆっくり停車。同乗者の安全をも守れる取り組みですね。こうした安全運転、エコ運転は、これまでも心がけていただいているかと思いますが、これらが環境改善につながるものと意識するだけで、より意味のある取り組みになると思います。

また、地域の移動手段や生活手段の質を向上させることで、免許返納後も誰も生活に困らないような環境を実現したいという動きも広まっています。これもまた、SDGsの「住み続けられるまちづくりを」に向けた取り組みと言えるのではないでしょうか。

このように、SDGsの実現は、遠い国の飢餓や貧困を救うための動きだけではありません。今の私たちの暮らしが公平に、住みやすいままでいられるように考えられているものなのです。

ほっとコラムタイトル

きちんと内容を知るまでは、筆者はお恥ずかしながら、レジ袋がなくなって不便•••と思っているひとりでした。けれど、自分にも関係があり、そして自分にできることがあると知り、できることから始めてみようと思いました。
今回の車の運転のご注意ポイントから、SDGsを知るきっかけになれば幸いです。