自動ブレーキの義務化 | 伊那市・駒ヶ根市・上伊那の新車・中古車・整備|オートパル上伊那

オートパル上伊那

EVENT & CAMPAIGN

SERVICE STATION

ガソリン灯油7円引き

曜日別キャンペーン

東部中央SS1 東部中央SS2 美篶SS 西春近SS 北部SS 駒ヶ岳SS
求人情報

整備士ブログ

自動ブレーキの義務化

2021年11月17日

こんにちは、伊那店整備の正木です!

最近、スバル「アイサイト」ホンダ「HONDA SENSING」トヨタ「Toyata Safety Sense」など、自動ブレーキが搭載された車が沢山ありますね。
そんな自動ブレーキについて解説していきたいと思います。

自動車事故がニュースを騒がせることも多い中、2019年12月に国から発表された「自動車の自動ブレーキ義務化」

簡単に説明すると、自動ブレーキ義務化は、2021年の11月から「新型の国産車」を対象としてスタートする制度です。

2021年11月をはじめとして、国内で販売する自動車に「自動ブレーキ」の搭載が義務化されます。

自動ブレーキ義務化には、以下のような背景があります。

  • ・事業用自動車の居眠り運転などによる重大事故が発生していること
  • ・国内の、高齢者による運転事故割合が増加していること

日本の運転死亡事故において、わき見運転や運転操作ミスによる事故が大きい割合を占めています。

とくに近年では、高齢者が起こす事故割合が増加しており、死亡事故の30%が運転操作ミスによるものとなっているのです。

自動ブレーキを含む、安全サポート車による運転操作の補助は、運転ミスによる事故削減に効果をあげることが期待されています。

横断する子供との事故を想定した「歩行者に対する試験」など、高いレベルの衝突回避試験にクリアすることが条件となっています。
自動ブレーキとはいえ過信は禁物ですが、重大事故を防ぐ一助となる安全装置となるでしょう。

運転者の中には、まだ自動ブレーキを搭載していない車を所持している方も多いことでしょう。
そうなると、現在乗っている「自動ブレーキ非搭載車」の扱いがどうなるのか気になりますよね。

安心していただきたいのが、自動ブレーキ非搭載車に乗り続けたからといって、罰則はありません。

しかし、こういった疑問もあると思います。


いずれは、自動ブレーキ搭載車に買い換えなくてはいけないのか?


自動ブレーキ非搭載車に乗り続けることへの罰則はありません。
自動ブレーキ義務化以前に手元にある車に対しては、そのまま乗り続けても大丈夫です。
自動ブレーキ義務化は、2021年11月以降に販売される「新型車」が対象なので、すでに所持されている車に対しては対象外だからです。

現状、自動ブレーキがないという理由で車検に落とされる心配も無用です。期限付きで買い換える必要もありません。

人の命を守る、自動車の安全装置。日常的に車を使っている人ほど、しっかりと向き合いたいテーマです。
もしも、日頃運転をしている高齢の家族がいるのなら、一度じっくりと話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

同じカテゴリーの新着記事

整備士ブログ 2021.11.17

タイヤ交換お任せください!

こんにちは、伊那店整備の正木です! 最近急に寒くなってきましたね。そろそろ冬の準備を始めている頃でしょうか? …

整備士ブログ 2021.11.17

自動ブレーキの義務化

こんにちは、伊那店整備の正木です! 最近、スバル「アイサイト」ホンダ「HONDA SENSING」トヨタ「Toy…

整備士ブログ 2021.11.17

ドライブレコーダーの必要性

こんにちは、伊那店整備の正木です! 最近よくニュースなどで煽り運転の事を耳にする機会が増えましたね。実際自分も煽…