問い合わせ増加中の新型車のご紹介 | 伊那市・駒ヶ根市・上伊那の新車・中古車・整備|オートパル上伊那

オートパル上伊那

EVENT & CAMPAIGN

SERVICE STATION

ガソリン灯油7円引き

曜日別キャンペーン

東部中央SS1 東部中央SS2 美篶SS 西春近SS 北部SS 駒ヶ岳SS
求人情報

営業マンブログ

問い合わせ増加中の新型車のご紹介

2022年01月11日

こんにちは。カーリンク伊那上牧店の瀬戸です。

12月20日、新型の軽商用車が発売されました。 今回発売になったのは、ダイハツ「ハイゼットトラック」「ハイゼットカーゴ」「アトレー」の3車種です。

新型車情報はネットでもたくさん紹介されていますが、当社の主力販売車種でもある軽トラ・箱バンが新しくなったとあって、問い合わせが多くなっていますので、今回のブログの中で紹介してみたいと思います。

新型ハイゼットトラックの主な変更点は

まず、ハイゼットトラックですが、こちらはマイナーチェンジといい従来モデルの改良型ということになります。

大きな変更点としては、オートマがこれまでの4ATからCVT(無段変速)に変わったことです。タントやムーヴなどの乗用系ではもう当たり前になっているCVTを採用。これにより燃費が大幅アップしています。

上位グレードには電動格納ミラーやキーフリー・プッシュボタンスタートなど、快適装備が加わりました。 その他、今や常識となった安全装備もさらに充実されています。

新型ハイゼットカーゴ・アトレーはどう変わった!?

ハイゼットカーゴとアトレーは共にフルモデルチェンジとして登場しました。実に17年ぶりだそうです。

フルモデルチェンジで、よりスクエアなスタイルとフラットな室内空間により、積載効率がさらにアップしています。
また、トラック同様にCVT採用による燃費の向上と、安全装備の充実も図られています。

アトレーはワンボックスに加えて、4名乗車+オープンデッキの「デッキバン」も新しくなりました。

アトレーについてはこれまでの「アトレーワゴン」という車名から「ワゴン」が取れて、商用(4ナンバー)系となりましたが、実はかつて(平成10年頃までの旧規格時代)のアトレーも4ナンバーでしたので、昔に戻ったとも言えそうです。
4ナンバー化により税金等の維持費を抑えられるた反面、居住性では後席シートがスライド&クライニング出来ないなど、制限される点もあります。

また、ハイゼットカーゴ共々後席ドアガラスが上下開閉はできず、下の画像のようなポップアップ式(手動で外側に隙間を設けられる)がアトレーに標準、ハイゼットカーゴの上位グレードにオプション設定となります。これについては賛否の分かれるところかもしれません。

以上、簡単ですが新型ハイゼット(トラック・カーゴ)・アトレーをご紹介しました。

デモカーやカタログ等、詳しいお問い合わせはぜひ、各オートパル上伊那の販売スタッフまでお願いいたします。

画像出典:
https://www.daihatsu.co.jp/

同じカテゴリーの新着記事

大王わさび農場

社員のイチオシ☆ ドライブスポット Vol.1

こんにちは、オートパル伊那販売 新人の川澄です。 今回は自己紹介を兼ねて、私の実家のある安曇野市の魅力スポットを…

営業マン2

車屋の営業マンに向いている人とは

初めまして、オートパル北部店・販売担当の和田と申します。 オートパル北部店は販売1名・整備1名・事務担当1名の小…

夕方の車列

オートライトが義務化・・・、なぜ?

こんにちは。カーリンク伊那上牧店の瀬戸です。 周囲の明るさを判断し、自動でヘッドライトを点灯・消灯してくれる「オ…